事業報告
 

平成27年度 社会福祉法人 サン福祉会 事業報告

○サン福祉会 法人

 

理 念

未来を担うこども達の為に、今の我々が出来る最善をつくす。

運営方針

1. 子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の支援を行う。

2. 子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、
健全な心身の発達を図る。

3. 心身ともに健康な「豊かな人間性・自主性・自立心・協調性」、「自ら考え行動する力(知識を活かす知恵)」、
「人に感謝し助け合う心」
をもった子どもを育ぐくむ。

4. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、解りやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

 

 

1 法人運営

 1 信頼される法人運営に努める

行政の指導監査を受け、指導を受けた事項を改善。各施設においては。保護者への情報提供を園だより、
クラスだより、給食だより、お帳面、電話連絡などで密に行った。また、
地域の社会資源としての役割の一役を担えるように子育て支援などを積極的に行った。

 

施設監査 平成27 918日  兵庫県(法人監査)姫路市(施設監査) 

理事長・杉本理事・小泉理事・田中監事

     平成271211   神戸市(施設監査) 理事長・杉本理事・事務局 

平成28年 3 6日  宝塚市(宝塚市補助金分) 理事長・事務局

 

理事会  平成27  528日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事

     平成27  7  1日    神戸チサンホテル       理事長・理事・監事

平成27  918日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事

平成27年 930日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事

平成27 1218日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事

平成28  118日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事(入札)

平成28  39日     神戸チサンホテル         理事長・理事・監事

平成28  323日   神戸チサンホテル      理事長・理事・監事(入札)

 

内部監査 平成27 514日  法人本部              田中監事・谷村監事

 

 

田中監事 訪問指導        法人本部          理事長・事務局

          4月〜3月   毎月23回     

谷村監事  平成27415日  西神中央駅(構内)     事務局 同席

薦野理事長 平成2747日   法人本部   

      平成27518日  兵庫県庁          事務局 同席

      平成27610日  兵庫県庁          山田 同席

 

山田理事長 平成2838日   兵庫県庁          三田市 同席

 

2 コンプライアンスを重視し法人の内部統制システムや内部管理体制の更なる充実を実行する。

@ 3園の公開保育を通して主任・担任が交流し保育の質のより向上を目指した。

A 昨年度より統括管理栄養士を配置し3園がトータル的なバランスが取れた給食提供に向け始動した結果、
メニューの向上、コストダウンを図ることができた。

B 昨年度まで経理・人事管理を一元的に行えるようにしたが、27年度新会計制度を開始し、
各園に事務員を配置し、TKCや田中監事の指導のもと、法人運営の体制強化を行ってきたが、
事務局体制、事務局員の成長を図っていかなければならない。

C サン・きたおおぎこども園において、重要事項説明書等による、丁寧な説明をしているので、苦情等はなかった。
また説明書の内容を見直し、より利用者が分かりやすいように見直した。

 

施設の内容充実

1 利用者(園児・保護者)に対する保育の質の向上にむけて、内部監査での指導で充実を図った。

2 各園にリスクマネージャーを設置し、各園での事故等情報を共有する事により、事故防止につながった。

3 各園とも小さな修理箇所があり、修繕等を行い、園児の環境維持に努めた。

4 各園とも厨房・保育室の消毒をし、衛生管理に努めた。

 5 職員の資質向上に向け、キャリアアップの体制作りを試みたが、内容陽等に問題があり、来年度も引き続き研究していく。

 

施設整備

  きたおおぎこども園     壁面補修工事    完了(予算内)

  サンこども園        壁面補修工事    完了(予算内)

  わかばのもり保育園     壁面補修工事    完了(予算内)

  イタミ・サン保育園     整備工事      完了(予算内)

  さんだのもり保育園     整備工事1%    完了(予算内)

 

 

認定こども園化

@    わかばのもり保育園を認定こども園に変更予定していたが、宝塚市より延期して欲しいとの要望により延期。

A    さんだのもり保育園整備に伴い、認定こども園に変更したい旨を三田市に伝えるが、
公募条件が保育園なので無理と言われる。また結果的に面積が足りない為、不可能であった。

 

研修 

兵庫県・神戸市・姫路市の監査説明会に各園長・事務局が参加した。

   兵庫県社会福祉法人経営者協議会主催の各研修会等に参加した。

 

苦情解決委員会 報告―0

苦情解決委員会のご指導を頂くことなく、保護者の満足を得られる運営ができた。

 

3 事業拡大

@    3つの公募に参加し、伊丹市・三田市は合格いただいた。大阪市に関しては次点に終わるが、
その後大阪市より使命で、他園の民間移管(委託)依頼を受けたが、
2園の開園に伴い、
人事面において保育の質が確保出来ないと判断した為お断りした。大阪市より保育内容等で大きな評価をいただいた。
これに慢心せず、より向上できるように努力していきたい。又どの様な状況でも対応出来るような、人材育成をするように努めていく。

A    姫路市・宝塚市・神戸市・伊丹市・三田市の施設が配置され、施設が点在するため、
次期計画は人事異動等様々な条件に対応できるような、地域に展開する必要性がある。

B 近年、社会現象とも言える保育士不足による人材確保にむけ、各養成校との連携を密にし、
職員の欠員は避けられたものの、来年以降はもっときびしい状況が考えられるため、時期も早目から人材確保に取組む予定である。

 

1 施設運営

別紙 各施設の事業報告による。

 
  財産目録
 資金収支計算書
 社会福祉事業区分 資金収支内訳表

TOPBack